せれぐらふ

ゾンビのように生きています。 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

\ここにいるぞ!/

生きてます@原発より40キロのいわき市民

ネット開通できなさそうなので携帯から生存報告です。

先月10日に家の立て替えのために仮住まいへ引っ越し、翌日仕事中に被災しました。たぶん震度6弱。

会社が物理的に傾いたり書類の山が崩れ落ちたりしましたが本人も家族も無事ですよ。
家の建物は何ともなく、食器類はほとんど段ボールに入りっぱなしだったので全く被害なし。ただし断水。

14日:出勤。連絡あるまで自宅待機を言い渡される。
15日:引きこもる。老人ホームからばさま帰される。
16日:緊急地震速報フェイントで目が覚めるとなぜか停電してる。朝、父の知り合いがいる茨城へ一家で避難。
17日:一人でままさん宅へ避難。ニート生活を送る。
24日:仕事再開の連絡が来たので帰還。
25日:普通に仕事再開。水道復旧。水が出て感動。
4月2日:スクリーニングを受ける。異常なし。
4月3日:ばさま老人ホームへ。津波に襲われた海沿いを見に行く。被害を目に焼き付ける。
4月8日:ネット開通のはずが…NTTェ…


…といった感じで暮らしておりました。
避難先の人達はみんな優しかった…本当にありがとうございました。
原発がぽぽぽぽーんしたらまたお世話になるかもしれないけど…

いつになったら安心した暮らしが送れるようになるのかな…。津波に襲われたところはひどいとしか言いようがなかった。
大好きな道の駅も、マユールも、海沿いのドライブコースも、海岸も、アクアマリンもみんな被害を受けました。
復興を原発が邪魔してるのが辛い。

原発さえなければ…
家の解体も満足に進んでないけど、家をそのまま建てていいのかわからんよ…
   14:26 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://selegraff.blog99.fc2.com/tb.php/171-284329e0
 
 
 
 

©2006 Actoz Soft, All right reserved. ©2006 Gamepot Inc, All right reserved.
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。


Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。